マインド

就活の自分の強みを見つけるための自己分析をする風潮、あれ何?

就活の時期になると決まってみんな、自己分析をしだしますよね。

自分の長所や短所を見つけたり、過去の経験から楽しかったことを思い出したり、友達に自分のどこがいいかを聞いたり。

そうすることで、自分に合った仕事を選ぼうとしているのですが、ちょっと僕には意味が分からないんですよね。

自己分析をする意味って何なんでしょうか?

自分には○○の才能があるから、この業界にしようっていう風にみんな決めていくのですが、それで本当に将来は決まるんですかね?本当にそれで決めていいんですかね?

新しく出てきた職業として有名なものに、YouTuberというものがあることはご存知でしょう。

YouTubeに動画を投稿して、広告や商品を紹介することで得る収益が大半の収益だと思います。

そのYouTuberみんながみんな、自己分析して俺の仕事はYouTuberが向いている!という判断をしたのでしょうか?

僕はそうは思えないんですよね。(笑)

単にYouTuberという仕事に興味を持ったから、やってみただけ。そしてやってみた結果自分に合っているから、続けているという人が大半なはずです。

自己分析して自分の強みを見つけても、自分が将来やりたい仕事なんて見つかりませんよ。

すべては興味や好奇心から

YouTuberを職業としている人たちはみんなは、始める前にやりたい!と思ったからやっているんですよ。すべての始まりは、興味や好奇心から始まっているはず。

決して自己分析をした結果、自分にはYouTuberに向いているからYoutTuberになろう!とはなっていないはずです。

僕はこの記事でいったように、就職活動をしていません。

起業をしようと決意してから、就職活動は起業成功には必要ないと判断しまして、就職活動はしていません。合同説明会に2回行ったぐらいです(就活生のみんなは、会社の人に名前と顔を覚えてもらおうと必死な姿を僕は見て、吐き気がして即座に帰りましたね)。

なので、自分の強みを見つける自己分析もしていないんですよね。

自分にはどんな才能があるかも知らないし、自分がどういうものが得意としているのかも知りません。

ですが、今現時点の将来の目標はあるんですよ。

将来はアクティビティ関連で起業したいと考えています。現時点で有力なのは、ボルダリングかスカッシュでビジネスをしようかなと考えています。

室内でするスポーツなので天気に関係なくできるし、やってみて楽しいし(スカッシュはやったことないけど、テニスはある)、ただ自分がやりたいから。

アクティビティ関連で起業しようと思ったのは、興味や好奇心から始まっています。

その興味や好奇心から、実際に行動に移してやってみる。そしてやってみて自分に合う合わないを考えるというのが、物事の始まりのはずです。

ですが、就職活動の時期になると、自分に合うか合わないかを考えて、合っているものを探します。そして、会社に就職してから実際にやってみるという順序になっています。

やってみないと自分に合うか合わないかわからないのに、就職してから実際に取り組むことになっています。

自己分析をするよりも、いろんな経験をするほうがはるかに自分に合った仕事を見つけることができますよ。

経験なしには、その仕事が自分に合っているかどうかなんてわかりませんからね。

いろんな経験をするためには

いろんな経験をするためには、時間とお金をがんばって用意するしかありません。

お金がないと経験が詰めないし、時間がないと経験する時間がありませんからね。

この記事でいった通り、僕はまずすべきことは環境づくりだと思います。

まずは自分で稼げるような環境を作れば、いろんなことに挑戦することができます。

そもそもの話、大学3年生や4年生の時期に仕事を決める必要性なんてありませんよ。

僕も就職活動が本格的に始まる時期の3年生の時に、将来のことについてめちゃくちゃ悩みました。

この時期に決めた仕事が将来40年間ずっとしていくんだから、ここは本気で頑張らないといけないと思ってましたけど、実はそんなことないんですよね。

大学を卒業したら就職をしなければならないなんて、そんな決まりはないんです。

自分に合った仕事が決まれば就職すればいいし、決まらなければ別に就職しなくてもいいはずなんですよね。

僕も仕事が決まらなかったので、どうしようかなと悩んでいた時に、起業というものに出会ってまずは環境づくりをすることにしました。

もっと適当に生きていきましょうよ。せっかく生きているんですから、自分が最大限楽しめるような環境をまずは作ればいいと思いますよ。

まとめ

自己分析って、する意味あるんですかね?

自己分析をした結果、自分があまり興味のない仕事が自分に合っていると決まれば、そのしたくもない興味もない仕事をするんですかね?

考えられない。

また、YouTuberという新しい仕事が出てくるように、今後もいろんな新しい仕事がどんどん出てくると思います。

そうなった時、自己分析の結果で判断していると、その新しい仕事を選ぶことは絶対にできませんよね。自己分析をもとに選ぶということは、今ある仕事の中から自分に合っている仕事を選ぶということですから。

自己分析をするよりも、自分が興味のあることを仕事にするほうが何倍もいいと思いますけどね。

僕もアクティビティ関連で起業したいと思っていますが、それが自分に合っているかどうかは知りません。もしかしたら全く自分には合っておらず、デスクワークのほうが合っているかもしれません。

それでも、やりたいという好奇心や興味のほうが強いし、自分に合わない仕事が出てきたら、その仕事があっている人に任せばいいと思っています。

自己分析って、企業に就職する前提でするもので、夢も希望もないんですよね。

それよりも、興味があるもの、やりたいものを仕事にするほうがいいと思いますよ。

自分がしたいことを仕事にしたい人は、ぜひこちらの記事を読んでみてください。この記事で紹介している動画を見て僕は、自分がしたいことで起業できるんだと確信しましたからね。

自己分析は、指針程度として捉えたほうがいいと思います。それよりも自分の気持ちに正直になるほうがよっぽど大事。

楽しく生きていくためには、自分の気持ちに逆らわないことですからね。

それではー!

ピックアップ記事

  1. 人生死ぬまで遊びつくす方法を知りたくありませんか?【年商3億円社長が語る成功の秘…

関連記事

  1. マインド

    将来成功できるお金の使い方

    お金の使い方って、全然学んだことないですよね。学校でも教えてくれないし…

  2. マインド

    僕たちは何歳まで働かなくてはいけないのだろうか

    僕たちはいったい何歳まで働かなくてはいけないのでしょうか?平均…

  3. マインド

    不労所得を改めて考えれば世界は変わる

    不労所得。皆さん欲しいですよね。サラリーマンの副業として、不動…

  4. ブログ

    アフィリエイトは怪しい?胡散臭い?そう思っていてはいつまでも稼げません

    僕は失敗しにくいビジネスとして、ブログをお勧めしています。…

  5. ニュースについて思うこと

    従業員を道具として扱っている企業はいつか滅びる

    今現在、ポーカーのディーラーとして働いているのですが、そこはブラックだ…

  6. オススメ

    人生は20代をどう過ごすかで決まってくる

    「ミッドライフ・クライシス」という言葉をご存知でしょうか?「ミ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

物販ビジネスの実績

 

2018年総売り上げ:10,523,616円

人生遊びまくる最短の方法

この記事も読まれています

カレンダー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

instagram

  1. 収支報告

    物販ビジネスの収支報告-2018年4月
  2. 多動力を読んで
  3. 収支報告

    物販ビジネスの収支報告-2018年10月
  4. ブログ

    今からアフィリエイトをしても稼げるのか?
  5. お金2.0を読んでこれからの生き方を考えてみた
PAGE TOP