ニュースについて思うこと

1億目指すより月5万を目指せ

以前、こんな質問をTwitterの方からいただきました。

収益1億円を始めて1年以内に達成することは可能でしょうか?

僕はこう答えました。

1億円を目指すより、5万円を目指した方が現実的でいいですよ。 さらに、5万円ができたら、それを拡大して10万、20万と大きくすることができますので、まずは5万円、もしくは1万円を目指すのがいいかと思います。

1億円は意外とすごいんだぞ

この質問者は高校生で、ツイート内容を見てみると株に興味があるようでした。

だから、資産運用で生きていくために、元手として1億円が欲しかったんでしょうね。

1億円って簡単に言えますけど、めちゃくちゃすごく大きい金額ですからね。

100,000,000円。0が8個ですよ。

サラリーマンの生涯で稼ぐ金額が3億円ぐらいと言われている中、高校生が1億円を手に入れようとしている、、、

はっきり言って意味が分かりません。1億円という数字を軽く見すぎだし、おそらく彼は1円も稼いだことがないんでしょうね。

時給1,000円のバイトで1億円を貯めるには、100,000時間。つまり、約11.4年間ずっと寝ずに働かないといけない計算になる。ありえないでしょ。

インターネットやテレビでフューチャーされる人たちは、すごい人たちばかりで、1億円よりもっと持っている人たちばかりです。

僕のみたいな凡人からすると、到底想像できないような資産を持っているんでしょう。

以前、ZOZOTOWNの前澤さんがツイッターでこんな企画をするぐらいでしたから。

ZOZOTOWN新春セールが史上最速で取扱高100億円を先ほど突破!!日頃の感謝を込め、僕個人から100名様に100万円【総額1億円のお年玉】を現金でプレゼントします。応募方法は、僕をフォローいただいた上、このツイートをRTするだけ。受付は1/7まで。当選者には僕から直接DMします! #月に行くならお年玉

しかし、それって普通じゃありませんからね。

その世界が普通になってしまうと、彼のように1億円を1年以内に稼ぐという思考になってしまう。

ましてや、株の世界はより顕著でしょう。仮想通貨バブルの時には、億り人という言葉も生まれましたからね。1億なんて持ってて当たり前みたいな。

もっと現実的に考えれば、1億円を目指すより、月に5万いや月に1万を目指すべきだと思います。

千里の道も一歩から

ZOZOTOWNの前澤さんも初めからすごい資産を持っていたわけではないと思います。

小さな小さな一歩を、積み重ねて積み重ねてきた結果なんですよね。

ZOZOTOWNの歴史はこんな感じみたいですね。

1995年、輸入CD・レコードのカタログ通信販売を事業として創業しています。

当時は自宅の押し入れを倉庫として使い、電話とFACだけで受注を取っていました。1998年に今のスタートトゥデイの前身である「有限会社スタート・トゥデイ」を、出資額300万円で設立します。

1999年には、オンラインショップ・アパレル進出計画を立案し、2000万円を掛けて外部にサイト構築やデザインを依頼しますが、納得がいくものが出来ずに独自でサイトを設計します。

2000年にはアパレルを取り扱うオンライショップ「eproze(イプローズ)」の運営をスタートします。ストリート系ファッションブランド「DEVILOCK」「DOARAT」「montage」の3つのブランドを扱うファッションサイトです。同年、有限会社であったスタートトゥデイを株式会社化します。

2002年には初のレディースオンラインセレクトショップ「QUNIEE(キューニー)」の運営をスタートします。

2004年には今のスタートトゥデイの事業中核である「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」のサービスを開始します。「想像(SOZO)と創造(SOZO)の行き交う街」というコンセプトがZOZOTOWNの名前の由来です。

2007年には初の新入社員が入社します。この年に新たなサービスとして「ZOZOARIGATO」「ZOZORESORT」を提供し、東証マザーズに上場を果たしました。

2012年には東京証券取引所市場第一部に市場を変えて上場しています。

スタートトゥデイの事業内容、歴史、社長や創業者は?より)

初めからアパレル関係ではなくて、輸入CD・レコードのカタログ通信販売だったんですよね。

それが今や上場を果たすぐらいに大きくなった。

これは別に、前澤さんだけではないはずです。事業を創ったほとんど人も同じように、着実に一歩ずつ歩んだと思います。

1億円を目指すことは悪くはありません。目標は大きければ大きいほどいいと思います。

ただそこの目標に行くには、一歩づつしか行けないんですよね。いきなりジャンプすることはできない。

だから僕は、1億円を目指すより月5万円を目指すべきだと言ったんですよね。

月5万円稼いでも、テレビでフューチャーされません。何の注目も得ることができませんが、着実な一歩です。

そしてその5万円を稼げたら、次は10万を目標にする。

10万達成したら20万、20万達成したら30万、、、

こうやってどんどん成長させていくことができる。0から1を生み出すのもすごいことなんだと思います。

だから、自分に何ができるかを考えて、まずは小さな一歩を踏み出しましょう。

1億円なんて、夢のまた夢の話です。

まとめ

夢を見るのもいいですが、現実も見るべきで、自分に何ができるのかを考える癖は身に着けておくべきですね。

自分と夢との間に、いくつのハードルを越えなければ考えることができるのなら、1億円を1年以内に稼ぐという思考にならないはずです。

1億円でもなかなか時間がかかるのに、1年以内って、、、どんな思考回路でそうなったんでしょうね。

もし何か質問したいことがあれば、こちらTwitterの方でくれれば、僕でよかったら答えます!

質問よろしく~。

それではー!

ピックアップ記事

  1. 人生死ぬまで遊びつくす方法を知りたくありませんか?【年商3億円社長が語る成功の秘…

関連記事

  1. マインド

    就活の自分の強みを見つけるための自己分析をする風潮、あれ何?

    就活の時期になると決まってみんな、自己分析をしだしますよね。自…

  2. ニュースについて思うこと

    手に職ある人は、ビジネスを学ぶべし!

    漫画村が無くなったことで、漫画家の売り上げが上がった以前、漫画村が…

  3. マインド

    社会人になったら遊べないなんて誰が言ったんだろう

    僕が大学生になったのは、大学生が人生の夏休みだと言われたからです。…

  4. マインド

    ブラック企業かどうか見分ける必要ないんじゃない?

    就活が始まると決まって、どこどこの会社はブラックだとか、あそこの会社は…

  5. マインド

    最も確実に幸せになる方法

    僕たちは、幸せになるために日々生活をしています。それは些細なこ…

  6. マインド

    不労所得を改めて考えれば世界は変わる

    不労所得。皆さん欲しいですよね。サラリーマンの副業として、不動…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

物販ビジネスの実績

 

2018年総売り上げ:10,523,616円

人生遊びまくる最短の方法

この記事も読まれています

カレンダー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

instagram

  1. 収支報告

    物販ビジネス月商報告-2019年2月
  2. マインド

    不労所得を改めて考えれば世界は変わる
  3. ニュースについて思うこと

    従業員を道具として扱っている企業はいつか滅びる
  4. 物販

    物販ビジネスを1ヶ月やってみた!
  5. 物販

    仕入れ資金が無くても利益が出る商品を仕入れる方法
PAGE TOP