ブログ

Googleで検索時に上位表示させるために忘れてはいけない1つのこと

この記事は、自分のサイトを上位に表示させたい人、自分のサイトに全然アクセスが無い人へ向けた記事となっています。

アクセスはどうしても気になるもの

サイト運営していると、アクセスは気になりますよね。どうしても気になってしまいます。

この記事にどれくらいのアクセスが来たのか、そのアクセスしてくれた人がどれくらいサイトに滞在しているのか、などなどいろんなことが気になります。

もし、あなたがサイトのアクセスをたくさん得たいのなら、検索で上位に表示させる必要があります。ほとんどの人は、1ページ目だけしか見ず、2ページ目に自分のサイトがあれば、訪れることが無く、検索する言葉を変えるでしょう。

だから、検索の順位を上げる必要があります。見てもらわなければ、サイトを作っても意味がありません。

検索の順位を上げる方法はたくさんあります。

例えば、自分のサイトをいろんなサイトで張ってもらうことで、このサイトには価値があるとグーグルが認識して順位を上げる方法。お金を払って、いろんなサイトに貼ってもらうことで、順位を上げようとします。

他にもいろんな方法がありますが、一つだけ忘れてはいけないことがあります。

ユーザーを第一に考えて記事を書くべき

あなたのサイトに訪れるユーザーは、血の通った人間です。ロボットが見るのではなく、人間が見るのです。

だから、ユーザーを第一に考えて記事を書くべきなんです。

先ほどのお金を払って、自分のサイトのリンクをいろんなところに貼ってもらうことで、検索が上位になると言いましたが、これはユーザーのことを第一に考えているでしょうか?

もし、検索の順位をロボットが見るのであれば、あなたのリンクを貼っているサイト数などで判断するでしょう。しかし、それに人がやってきて、そのサイトに価値があるとは言えるのでしょうか?グーグルも検索を上位に表示することだけを頑張り、中身が無いコンテンツを放置するわけがありません。

あなたがGoogleを使って検索するときのことを考えるとわかるはずです。

あなたがGoogleを使って検索するときは、悩みを解消するために検索するか、情報を得る(ニューズなど)ために検索のどちらかしかないはずです。それで検索したときに、中身が無いコンテンツには目がいかずに、得たい情報を得れるサイトを価値があるサイトと思うはずです。

だから、検索を上位に表示させたいのなら、検索を上位に表示させることは考えなくてもいいです。それよりも、ユーザーが自分のサイトにやってきて、満足してくれるか、それだけをまずは考えるべきです。小手先のテクニックは必要ありません。

Googleのウェブマスター向けガイドラインに答えは書いてある

Googleに上位表示させる方法は、もうグーグルが発表しています。だから、それに沿ってコンテンツを作れば、上位に表示することができます。

Googleのウェブマスター向けガイドライン

これを読まないでサイトを運営している人が多いです。もしそうなら、ぜひこれを読みましょう。

自分勝手にサイトを作ってはいけません。Googleがどういうものを検索で上位に表示させているのかを理解して、それに沿っていけば勝手に上位に表示することができます。Googleのウェブマスター向けガイドラインには基本方針としてこう書かれてあります。

基本方針

  • 検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。
  • ユーザーをだますようなことをしない。
  • 検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。ランクを競っているサイトや Google 社員に対して自分が行った対策を説明するときに、やましい点がないかどうかが判断の目安です。その他にも、ユーザーにとって役立つかどうか、検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。
  • どうすれば自分のウェブサイトが独自性や、価値、魅力のあるサイトといえるようになるかを考えてみる。同分野の他のサイトとの差別化を図ります。

ユーザーにとって価値のあるサイトを作ればいいと言いうことがわかりますよね。小手先のテクニックで検索順位を上げたサイトは、いずれ駆逐されます。しかし、ユーザーのことを考えたサイトなら、駆逐されずに上位に表示されていきます。自然と。

「お腹痛い_原因」で検索してみよう

ユーザーにとって価値のあるサイトが上位に来ているのか、一度確かめてみましょう。

例えば、「お腹痛い_原因」で検索してみて、一番上のサイトをじっくり見てみましょう。

この記事を執筆している段階では、このサイトが出てきました。かなりの文字数がある記事ですし、どこが痛いかで症状がわかるように書かれてあります。さらに症状によって詳しいことはまた別の記事として書かれているので、かなりの情報量がこのサイトにあることがわかります。

ユーザーを第一に考えられた記事だということがわかると思います。

ユーザーを意識して書く。それ以外は必要ない。

ユーザーのことを第一に考えてサイトを運営していきましょう。自分よがりの記事は誰も興味がありません。

もしあなたが芸能人や有名人であるならば、そのファンは私生活や考えていることなどに興味があって、アクセスは来るかもしれませんが、そうではない以上、ユーザーのことを考える必要があります。

ユーザーを意識して、サイトを運営していきましょう!

それではー!

ピックアップ記事

  1. 人生死ぬまで遊びつくす方法を知りたくありませんか?【年商3億円社長が語る成功の秘…

関連記事

  1. ブログ

    ブログで稼ぐ方法は3通り

    ブログは始めやすく、初期費用もほとんどかからないビジネスです。…

  2. ブログ

    ブログで稼ぐのに文章を書くスキルは必要ない

    物販ビジネスを始めたと同時ぐらいに、ブログも始めました。今では…

  3. ブログ

    ブログに何を書けばわからないなら超具体的に書こう!

    ブログは失敗しにくいビジネスとして、以前紹介しました。…

  4. ブログ

    ターゲットを決めなければ、人の悩みは解消できない

    ブログで稼ぐための必要なことの一つに、ターゲット設定というものがありま…

  5. ブログ

    アクセスアップさせたいときに考えるべきこと

    自分のブログやサイトを持っているのなら、アクセスをどうやって増やせるこ…

  6. ブログ

    ブログで稼ぐ秘訣はアクセス数を伸ばすことではない!?

    副業として、ブログから始める人が多いようですね。僕もブログはこの記事で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

物販ビジネスの実績

 

2018年総売り上げ:10,523,616円

人生遊びまくる最短の方法

この記事も読まれています

カレンダー

2019年6月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

instagram

  1. オススメ

    就職せずに生きていけると確信した2つの理由
  2. マインド

    失敗しても再び挑戦できるような環境を作ろう!
  3. マインド

    僕たちは何歳まで働かなくてはいけないのだろうか
  4. ブログ

    アクセスアップさせたいときに考えるべきこと
  5. オススメ

    お金を稼ぐことは悪いことじゃない
PAGE TOP